省エネルギーな燃費の良い家  エネルギー消費50%削減を目指す住宅の設計手法



 
 
  エネルギー消費量を50%oFF
 
■自立循環型住宅とは国の研究機関、大学の研究機関、民間企業の研究機関が省エネルギーについて研究した成果を省エネルギー住宅の実用的な設計手法としてまとめたガイドラインに沿って設計する住宅です。
                
   (上図は財団法人 建築環境・省エネルギー機構のホームページより引用)
■自立循環型住宅の定義は
 1 気候や敷地特性など立地条件と住まい方に応じて極力自然エネルギーを活用した上で
 2 建物と設備機器の設計や選択に注意を払うことによって居住性や利便性の水準を向上させつつ
 3 居住時のエネルギー消費量(CO2排出量)を2000年頃の標準的な住宅と比較して50%にまで
     削減可能な住宅
 
自立循環型住宅の設計ガイドライン(財団法人 建築環境・省エネルギー機構発行)には13種類の省エネルギー効果のある設計手法が示されていて、設計の工夫で省エネ住宅を実現するものです。漠然とした省エネルギー住宅とは異なるものです。
財団法人 建築環境・省エネルギー機構のホームページはこちらから。
 
■省エネルギーに関するリンク 
■機器の省エネ最新情報    ■家庭の省エネ大辞典